モテ男・モテ女になるテクニックトップ > 涙袋メイクでセルフプロデュース

涙袋メイクでセルフプロデュース

涙袋メイクをしてモテる女性になろう!

AKB48の板野友美の色気の秘密はなんといってもぷっくらとした涙袋ですよね。

涙袋があると「目が大きく見える」「色気や優しさを感じる」と言ったような好印象を抱く人が多いです。

この涙袋を手に入れる方法は、「ヒアルロン酸や脂肪を注入して涙袋を形成する美容整形手術」「オロナイン軟膏を涙袋に塗る」「目の下の血行を促進させる」「アイラインで下まぶたに明るい色をさし、疑似的に涙袋を演出するメイクアップ」といったものがあります。

昔は美容整形外科での施術が主流でしたが、今は違います。

なぜ、美容整形の人気が落ち目になったかというと、涙袋を作れる速さはピカイチですが、将来的にたるみになるかもしれないというリスクを内包し、かつ手術が失敗して目の周りがでこぼこになるリスクもあるからです。

そんな中で登場した涙袋メイクが、今、爆発的な人気を呼んでいます。

涙袋がない人でも簡単に涙袋を作ることができるテクニック、それが涙袋メイクです。

下まつ毛から5mmくらい下の部分に影を作るため、茶色のペンシルかシャドーを使って影を作ってください。

その影の上にハイライト(白や薄いピンク色)を塗ってください。

たったこれだけで涙袋メイクは終了です。

特に「もて涙袋モイスチャー」というコスメは、涙袋の美容のためだけに製造された商品で人気モデルも愛用しているので効果に大きく期待できます。

簡単に作れる涙袋は、あるのと無いのでは女子力が大きく変わります。

目元を綺麗に魅せるメイクは美容の基礎中の基礎ですよね。

涙袋メイクでモテない女からモテる女になりましょう!